会長スタイルで生きる / Style for LIFE

1人で仕事をしていると


何をして

何をしなくて

誰と会って

誰と会わなくて

何にどれだけの時間を使うかっていうことを


すべて決めることができるようになる。




わたしは自分の人生の時間を枠の中で決められるんじゃなくて

自分で決めたいとずーーーーーっと模索していたんだな、ってことを

1人でやり始めて発見した。



転勤をするよりかは、

住んでみたいな、と思う国で、地域で暮らしたい。


決められた時間の中でやりくりをするより、

今まで以上に時間がかかるかもしれないし、

道はわからないかもしれないけど

本当に「取り組みたいことだけ」をやっていたい。


決められたお給料や、決められた制度の中でお金をいただくより

自分の価値を0から創り上げてみたい。


仕事だから、お金のために、という理由で

大切にしたい人との時間や機会を1つも無駄にしたくない。



その時々に見える枠という枠をすべて取っ払って

受け身ではなくて能動的に選択したいと思っていたんだ、という発見。



「そんなの難しいよ。」

「そんなのわがままでしょ。」


と言われてもなんだか諦めきれなくて、

最終的には「やってみないとわからない」とスタートしたライフコーチという道。



そしてわたしは


①自分の気持ち

②それをどう実現するか

③今繋がっている大切な人々とのコミュニケーション


に全エネルギーを注ぎたい。


そうすると決めてただひたすらそれらを満たすことに集中していたら

すぐにライフコーチングの依頼をいただくようになった。



先日、友達とお茶をしていたら

「えりちゃんその生活、まさに会長スタイルだね。。。。」と言われて大爆笑。



そう、今で言うと、もう仕事をやり終えて退職した「会長」(笑)のように


毎日やりたいことをやって


好きな人と会って


遊びの予定から決まっていって

(それがお金をいただくコトに繋がったりするから今で言うと仕事になるのかな?)


ONもOFFもなくって

(逆に今日はPC触らないぞ!と決めないといけないくらい)


ぴかん!とひらめいたらすべてを差し置いてでも

ガーーーーーーーーっ!!!!!っとそのことに全神経を集中させる。


お金をいただいているセッションも

目の前で人が変わっていく瞬間を毎回見れるワクワクの時間であり

人生が変わるパラダイムシフトに立ち会える最高な役まわり!と感謝しかない日々。



わたしはそれが今後、特に30代、40代でもっともっと広がっていくんだろうな、と思ってる。。。


だからそのうち「会長スタイル」が「普通」になっていくんじゃないかな。(笑)


だってわたしたち、幸せになるために生まれて来てるはずじゃん!

大人になったわたしたちは、自分で自分を幸せにできるはずじゃん!


その時の必須条件は、

・自分の本当に好きなこと、ついつい没頭しちゃうことが何かよくわかっていること

・今の「仕事」「お金」「成功」「幸せ」「豊かさ」の概念を、一般論から「自分論」にすべて書き換えているコト

・自分が求めるスタイルで人生を「生きている人」や「世界観」のピースを集め続けること♬

というわたしの持論。



わたしもまだまだ道半ば。



もっともっと好きなことに没頭できるような態勢を整えて

どんどんどんどん無意識にある一般論を「自分論」に書き換えて

たくさんのピースを丁寧に集めて、組み合わせを試し続けいく。


没頭した先にある新しい風景に出会いたくて

自分論に書き換えられた後の世界の明るさを実感したくて

ピースがはまった時に初めて現れる絵が見たくて

歩き続ける👣


そんな仲間がどんどん増えるコトを信じて

今日も道なき道を👣



♡♡一瞬で、世界は変わる♬♡♡

未来を、人生をデザインする

今の社会や伝統 これまでの自分の経験や環境によって創り上げられた セルフイメージ 思い込み 信念 価値観 これらを”幸せ””豊かさ”に焦点を当て 変化を内面から起こして行くセッションを行っています。 ・ライフコーチ ・メンタルトレーナー 【人生を内面からデザインし直すパートナー】 ライフデザイン・パートナー Eri Ito

0コメント

  • 1000 / 1000