家族は自分の課題 / 会社員(30代 男性)

「成長したい。」

「こんな漠然とした形からでもいいでしょうか?」


という一言から始まった3ヶ月のライフデザインセッション。


当初は

「〜がないといけない」

「焦りを感じる」

「〜が難しいんです」とおっしゃっていたのが


6回のセッションが終わる頃には

「余裕が持てているし、焦らずまぁいっかと思えるようになっています。」

「人との距離感の取り方についてもムリをしない。

いろんな形があるんだなって思うようになり変な力が入らずいれるようになりました」と!


そして実はその裏にあった家族の問題。


数年間も会うことのなかったご家族になんとセッション2回目で

「会いに行く」ということを決断して行動に。。。。。。


そこからするすると多面的に変化していく様はご一緒していても感動的でした。

そんな彼のライフコーチングの<VOICE>です。


ライフデザインセッションの前後では、

「事実を客観的に考えるられるようになる」

という変化があった。


過去と向き合えるようになり、

出来事を良く変える方法(イメージワーク)を行うことを知り、

良かったこととして変換できるようになった。


何かをしなければ、という切迫感がなくなり楽になった。

力が抜けた。


ライフデザインセッション前は

自分が「悪い」と思っていたものや人には近づかないようにしており、

家族がそれにあたり悩んでいた。


この考え自体を悪いものと思っていたが、

家族も「特徴」を持っていて

「自分とは違う」と捉え方を変えるようにできたことで

付き合い方のきっかけに気づくことができた。


セッションを受ける前は悪いものを

「見ない・感じない・近づけない」という意識が強かった。


これを見分ける力が欲しかったので

成長する・良いものを取り入れるべきと気を張っていた。


けれど悪い(と思っていた)ものと上手に折り合いをつけることもできると気がついた。


今は自分が

「本当によいと思う、感じることはなんだろう!?」

と考えることができ、実際に意識がポジティブに変化していると思う。


関係がある人たちには

「相手の喜び、幸せは何か!?」

を昔より気楽に考えるようになった。



昔は行動に対する見返りが欲しかったが今は気にならない。


今まではある程度の結果が見えることばかりやっていたけれど、

これから実体験を増やして行きたいと思うようになってきて

今後は

「自分という存在は何をしたいのか!?」

に意識的に気づいていけるようになりたい。


継続的なセッションをご一緒する中で「自分のトリセツ」を作っていだたいたり、

その時の状況にあった本のご紹介、日々の出来事&変化のリアルタイムサポート

そしてさまざまなワークや実践を繰り返し二人三脚で進んできた3ヶ月。


「家族は自分自身の課題だ!」

「自分の課題として認識し現状を見つめた結果、自分が変わろう!と気がついた。」

と改めて伝えてくださったHさん。


今後も長期的にサポートさせていただくことになり

これまで以上のどのような変化が訪れるのか楽しみ!!!!!!

人生をアップデートする

人生を”楽しみたい”方に向けて これまでの不要なソフトの 【アンインストール】と これからに必要なソフトの 【インストール】をして 【人生のアップデート】を お手伝いをしています。 ●ライフコーチ/コンサルタント